「安倍総理の『言論の自由』発言、耳疑った」細野議員が批判

ブロゴス掲載記事。

細野豪志議員は、安倍総理がアベノミクスに関する報道への不満をテレビ出演の中で表明した問題をめぐって、衆参予算委で安倍総理に質問。

安倍総理は「私が当該番組の関係者に電話をしてクレームを付けたのとは違う。番組のなかで分かる形で考えを述べた」「私に論破されることを恐れたのかもしれないが反論があればそこで反論すればいい」と強弁し、予算委員会で報道の自由・表現の自由の問題として議論するような話ではないなどとも開き直った。

詳しくはこちら。
http://blogos.com/article/107710/

広告

コメントは受け付けていません。