下村文科相側、任意団体関係者に取材に応じないよう依頼メール

下村文科相が当該団体に対し「口封じ」メールを送っていたことについて。FNNニュース。動画あり。

下村文科相をめぐる政治団体の届け出をしていない任意団体からの「政治とカネ」の問題で、野党が追及している団体の関係者に対して、下村文科相側が、取材に応じないよう依頼するメールを送っていたと、民主党の議員が明らかにした。
民主党の柚木道義衆議院議員は「いわゆる口封じの連絡があったと。実際に、その口封じの連絡があったのは、下村大臣の大臣秘書官。一切事務所が関わっていないという、これまでの答弁が、根底から覆されることになると思います」と述べた。

詳しくはこちら。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150303-00000446-fnn-pol

広告

コメントは受け付けていません。