報道の自由度で米国が49位に後退、日本は61位

国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」が発表した「世界報道の自由度ランキング2015」に関する記事。ロイター掲載。
上位は相変わらず北欧勢が占める。東アジアは主に50〜70位あたりに散らばり、中国は176位。アメリカはオバマ政権下で後退し続け49位。日本は安倍政権下ではどんどん順位を下げており、前年より2つ下げて61位に後退。

詳しくはこちら。
http://sp.m.reuters.co.jp/news/newsBody.php?nno=2086980&ntype=1&ncid=1&free=1

広告

コメントは受け付けていません。