人質事件で1200人超の言論人ら声明――政府批判の自粛に重大な危惧

週刊金曜日サイト掲載。当活動の紹介記事。

「ISIL」による日本人人質殺害事件の過程で、政府批判を自粛するムードが広がったことに重大な危惧を覚えるとして、言論・表現活動に携わる約1200人が連名で2月9日、「翼賛体制の構築に抗する言論人、報道人、表現者の声明」を発表した。

詳しくはこちら。
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=5015

広告

コメントは受け付けていません。