改めて考えたいゲーリングの言葉の意味

ヘルマン・ゲーリングは、ヒトラーの下で、ドイツ軍の空軍総司令官や国家元帥等を務めた人物による、大衆を操る方法論。
静岡県議会議員すずきさとる氏筆のBLOGOS掲載記事。

「国民は常に指導者たちの意のままになるものだ。簡単なことだ。自分達が外国から攻撃されていると説明するだけでいい。そして、平和主義者については、彼らは愛国心がなく国家を危険に晒す人々だと公然と非難すればいいだけのことだ。」

詳しくはこちら。
http://blogos.com/article/92539/

広告

コメントは受け付けていません。